20150425_eye

辛口レビュアーろじねこさん 実写版シンデレラ感想

スポンサーリンク

シンデレラ見てきました。

日本のみならず欧米でもアニメの実写化が盛んですが

2015042501_cinderela_eiga

ご多分にもれず、我らがディズニーも近年 いそいそと自前アニメの実写化を推し進めてきておりましたが

遂に、ディズニープリンセスアニメの帝王「シンデレラ」が実写化されたのです。

と、言う事で 歯に衣着せぬ発言でおなじみの 辛口レビュアーろじねこさん

シンデレラの実写版を見てきました。

映画館にはシンデレラグッズ(映画館限定?)がありました。

2015042502_cinderela_eiga

シンデレラといえばガラスの靴

2015042503_cinderela_eiga

ま、ガラス製ではありませんでした。

同時上映で アナと雪の女王 エルサのサプライズ もありましたので

アナ雪グッズ

2015042504_cinderela_eiga

上演まで時間があるなぁ と思っていたら

映画 TED2のパネルを発見

遊んでみました

2015042505_cinderela_eiga

このクマとは 進んでいる方向は似ているかもしれませんが

根本的なところで分かり合えない気がします。

ということで映画開始です。

同時上映のアナと雪の女王 エルサのサプライズ

見るべきところは着々と最強のプリンセスへの階段を登るエルサさんです。

魔法使い役も、プリンセス役一人でこなせてしまう自立した万能プリンセス

果たして幸せになれるのか?

次回作が気になります。

短編の内容自体は

いつも通り安心して見られるディズニーのコミカルな短編です。

では、ここからは本丸の実写版シンデレラ斬りです。(若干のネタバレを含みます)

ろじねこさんは 実写版シンデレラを見るにあたり 一つの懸念がありました。

自他共に認める 熱狂的な にわかディズニーファンである ろじねこさんは

最近、ディズニー映画を見るようになったのですが

そこで見かけられるのが、ディズニーのセオリーを外す事で盛り上げる手法です。

シンデレラもその手法で来るのではないか?という懸念

シンデレラは、小細工無しの直球勝負をしてもらいたかったのです。

結果は・・・

ド直球でした。

歪みのねぇ、ど真ん中をめがけた剛速球でした。

もう話の流れも結末も知っているので

序盤 シンデレラが純粋で健気であればあるほど

中盤のいじめパートを思い 涙が流れました。

実際のいじめのパートに入ると、不憫で涙を流し。

ラストはラストで涙を流し。

上映時間の約7割の時間は泣いていたのではないでしょうか?(大げさ)

ネット上ではシンデレラが不細工だ という意見をよく見かけますが

普通の町娘が、苦難の中でも守りぬいた純真さを王子様に見初められプリンセスになる

という、シンデレラストーリーなので、あのくらい素朴な感じよいのではないかと思います。

絶世の美女が、王子様と出会い、結婚しプリンセスになる話など

天才が天才であること証明するだけの、退屈でつまらない話だ

それにしても ディズニーには久々に小細工抜きの プリンセス映画を見せていただきました。

結論

伝家の宝刀を抜いたディズニーは、やっぱり強い

ん? なんだって?

全然 辛口じゃないって・・・

安心してください。本当の辛口はここからです。

今日は、もうひとつ斬らなきゃならんものがあります。

それは・・・

「キング・トリトンのコンサート」 てめぇだ。

次回 辛口レビュアーろじねこさん ~亡国のアリエル編~

お楽しみに