P3340229

本当はこわい「ちいさなプリンセス ソフィア」

スポンサーリンク

ちいさなプリンセス ソフィアをご存知でしょうか?

母と二人暮らしの普通の女の子が 母が王さまに見初められ

王様と再婚した事により ある日突然プリンセスになってしまい

生活の変化に戸惑いながらも 立派なプリンセスになるため頑張ると言う 子ども向けディズニーアニメです。

前々から気にはなってたのですが やっとテレビでも放送が始まったので 見ているのですが

これが・・・

怖いんです!

第9話での出来事

ウサギのクローバーを友達の城に連れていったら

友達のペットのドラゴンが クローバーの事をいたく気に入ったのだが

そのドラゴンは興奮すると火を吹いちゃうから

クローバーは 何度も焼き殺されかけたのに

またそのドラゴンの城に連れていこうとする。

クローバー
おいドラゴンのいる城に行くのか?
ソフィア
そう クローバーも一緒に来てね

クローバー
やだよ行かない
ソフィア
いいでしょ ドラゴンと友達でしょ?
クローバー
あいつ火を吹くんだよ!
ソフィア
だけど友達でしょ?
クローバー
あいつはひをふく
ソフィア
だけど友達
クローバー
ひをふく
ソフィア
ともだち

クローバー
わかったよ
ソフィア
やったぁ

ソフィア怖すぎ!

相手の意見なんか 一切聞こうとしない!

クローバーが焼き殺されてもいいのか?

これだけではありません

みんなの前でしゃべるのが苦手な友達に「喋るのが苦手なら 歌うといいよ」と いきなり歌わせたり

レースに出たくないペガサスを無理やりレースに引きずり出したり

枚挙にいとまがありません。

こういう 「自分が出来ることは、みんな出来るはず」「自分が好きなものはみんな好きなはず」と

本気で思いこんでいる善人が一番 タチが悪い。

さすがジャスティスアメリカの作品だ。

見える…

いずれこういう話が出てくるのが見える

ろじねこさん
今日はお茶会に誘ってくれて ありがとうソフィア

ソフィア
ようこそお茶会に。
このケーキ美味しいよ。食べてみて

ろじねこさん
ごめんソフィア このケーキは食べられないよ

ソフィア
え?嫌いなの?
でも美味しいから食べてみなよ。

ろじねこさん
違うの ろじねこさん○○アレルギーだから ママから絶対食べちゃダメって言われてるの。

ソフィア
そっか・・・
でも一口ぐらいなら大丈夫だよ。食べみなきゃわからないって

ろじねこさん
お医者さんらも止められてるんだ

ソフィア
じゃ 仕方ないね。
代わりにこのプリンをどうぞ。

ろじねこさん
ありがとう 美味しいよソフィア

ソフィア
ね、食べてみなきゃわからないでしょ?

ろじねこさん
え?
どいうこと?

ソフィア
そのプリンには すりおろした○○が入ってるの!
美味しかったでしょ?
よかったね○○が食べられるようになって!

ろじねこさん
ブクブクブク…

見える 更にシードリックさん困らせる姿まで容易に想像できる

ソフィア
助けてシードリックさん
ろじねこさんにアレルギーがある物 食べさせたら泡吹いて倒れちゃったの!
セドリック
まじかよ・・・

そしてきっとラプンツェルさん辺りが出てきて、魔法のちからでろじねこさんを助けてくれるんです。

そして最後は

ソフィア
ごめんなさい ろじねこさん!
泡吹いて倒れちゃうなんて知らなかったの!
これに懲りずにまたお茶会に来てくれる?

ろじねこさん
当たり前じゃないソフィア。
悪気があってやった訳じゃないし、私たち友達でしょう?

ソフィア
ありがとうろじねこさん!
私たちずっと友達だよ!

んな

わけ

ないでしょうが!!!!!!

テメーの出したもんなんか 二度と食うか!!!!!!

そこになおれ!

テメーの独善的な根性叩き直してくれるわ!!!!!!

と言うことで ナチュラルボーンジャスティスなソフィアさんの活躍が毎週楽しみで仕方ないろじねこさんでした。