2017061515_teshita

2017手下に向けて

スポンサーリンク

いよいよ今年も手下の季節が近づいてきました。

2017061513_teshita

手下とは2015年ディズニーシーのハロウィンイベントに登場した

ディズニーシーオリジナルのキャラクター達の事です。

2017061512_teshita

詳しくはこちらこちら

手下達は瞬く間に人気になり、良くも悪くもディズニーハロウィンの象徴の一つになりました。

2017061516_teshita

え?ハロウィン?まだ6月だよ。

と、お思いの方も多いかもしれません。

しかし歴戦の強者つわもの達は既に動き出しています。

現にろじねこさんのブログも手下関連のアクセス数増え始めています。

2017061510_teshita

それに去年は、手下に関する公式アナウンスの第一報は

6/20に公式ブログ上にて行われました。(ハロウィン情報の一部として)

今年も去年同様のスケジュールで動くなら、あと一週間程度で何かしらの発表があるかもしれません。

そうなれば2017年手下狂想曲が始まります。

2017061509_teshita

まだ今年も手下が登場すると決まったわけではありません。

しかし去年の状況を見るとディズニーは、かなり手下沼民のコントロールに成功したといっても良いでしょう。

2017061502_teshita

となると、入園料だけ払ってレストランにもアトラクションにも並ばない沼民

ディズニーから見ると「美味しい客」と言えるだろう。

場所取り戦争等の見た目の醜さに目をつぶれば、と言う前提ではありますが。

さて、ろじねこさんは今年はどうするかと言うと

もし今年もやるなら行きます。

2017061508_teshita

昨年、一昨年と手下沼民のお姉さま方のえげつなさに辟易しましたが

手下達が、どう変わっていくのかを見届けるのも使命かと思いますし。

それに盛り上げるのは、お姉さま方の役目だと思いますが

それを記録に残すのはろじねこさんの役目なのかも、と思ってます。

2017061507_teshita

数年経って、「昔ディズニーシーで手下と言う人達がいたらしい」となった時に

ろじねこさんのブログを見て、その時の雰囲気の一端でも感じてもらえれば うれしいなとも思っています。

ま、ろじねこさんのフィルターを通した記録ですが。

2017061514_teshita

それに去年、すれ違いにすれ違いを重ねた初代アップルポイズン様との再会が残っています。

果たして今年も手下は登場するのか?

2017061515_teshita

そして、ろじねこさんは初代アッポイ様とは再会できるのか?

それはそうと「こいつまた手下の記事書いてやがる」と思っている沼民の方々もいらっしゃるかと思います。

なので今回はちょっとしたゲームを用意しました。

今回使用した写真はすべて同じ日に撮影した写真です。

手下愛に自信のあるお姉さまは、何年何月何日考えてみてください。

などと書いていたら、2017年ハロウィーン情報が発表されてた!!

『ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー』

実施場所:ウォーターフロントパーク

ヴィランズの世界をイメージしたバナーなどの装飾が施され、妖しげな雰囲気に包まれたウォーターフロントパークやその周辺では、ヴィランズによるグリーティングを行うほか、ヴィランズの力で魅力的な人間の姿に変えられた手下たちが、ゲストにヴィランズの素晴らしさをアピールしてその世界に引き込もうとしたり、ヴィランズにふさわしい理想的なファッションコーディネートになるようゲストのファッションチェックをしたりします。

オリエンタルランド ニュースリリースより抜粋

結論から言うと、やはり手下は戻ってきます。

2017061503_teshita

取り急ぎ、現在の発表から読み取れた点を簡単にまとめます。

  • 手下はウォーターフロントパーク付近に現れる。
  • 今年もファッションチェックが開催される。
  • リクルーティングも行われるようだ。

今年の手下はウォーターフロントパークにしか登場しないのか?

一年目だった一昨年はウォーターフロントパークの決められた場所のみで、リクルーティングは開催されました。

去年ウォーターフロントパークとエントランスで同時開催されました。

これにより手下沼民が分散され混雑は幾分解消されました。

しかし、片方に推し手下が居ないと分かると、別会場にダッシュで移動する方々もいて、かなり危険でした。

その為、エントランスを廃止して、ウォーターフロントパーク一本に絞ったという判断は納得出来なくもない。

2017061506_teshita

ですが、読みようによっては別の読み方も出来ます。

手下について触れられているブロックは、あくまで『ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー』に関するアナウンスです。

『ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー』とは、ウォーターフロントパーク周辺をハロウィンの装飾で飾りつけ、ヴィランズのパーティー会場に見立てたプログラムです。

その『ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー』の紹介の中で、「ここに手下も登場しますよ」と書かれています。

つまり、「ウォーターフロントパーク以外には手下は登場しません」とは明言されていないとも受け取れるという事です。

2017061504_teshita

あくまで『ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー』の実施場所がウォーターフロントパークなだけで

「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー = 手下」であるとはどこにも書かれてはいない以上、

手下がウォーターフロントパーク以外登場しないと言い切る事も出来ません。

2017061505_teshita

ですが深読みせずに受け取るなら、手下はウォーターフロントパークのみという事になるでしょう。

もしそうなった時、何の対策もなく手下アトモスを行うとは考えられません。

おそらく何かしら混雑や混乱を解消できる施策を持って望むでしょう。

何の策もなく、ただ開催場所をウォーターフロントパークに絞っただけだったら

さすがに「バカなんじゃないの?」といわれても文句も言えないでしょう。

いずれにせよ、今年も手下達に会えることは決まりました。

2017061501_teshita

また、たくさんのネタを提供してくれそうで、タコ肌が立って止まらねぇよ!!


コメント

  1. ぬりえ より:

    ろじねこさんの記事をみて手下に興味持ちました。年パス共通にして怖いもの見たさで見に行って見ようと思います。
    欲にまみれたおねーさま方にお会いできる日を楽しみにしております。

    • ろじねこさん より:

      ぬりえさん
      コメントありがとうございます。
      手下のショーはとても楽しいですよ。
      でもそれを見るためには、過酷な戦いに勝ち抜かねばいけません。
      お互いお姉さま方のご機嫌を損ねぬように、気をつけて楽しみましょう。

      ご武運をお祈りしております。