d0784_teshitamatsuri

【手下2016】キャラクター原理主義者 VS 初代至高主義者

スポンサーリンク

新たな手下情報が判明しました。

今年の手下はダブルキャスト(もしくはそれ以上)

ダブルキャストとは、一人のキャラクターを複数の演者が交代で演じながら公演を進めていくスタイルで

長期間毎日行われるショーなどでとられる手法だ。

ディズニーは基本的に一人のキャラクターに対し複数の演者が存在し

登場するまで誰だか分からないスタイルを取ってきた。

しかし去年の手下は1キャラクター1演者だった。
d0784_teshitamatsuri

その為、希望のキャラが登場すれば、それは即ち希望の演者の登場でもあった。

これが手下熱が加熱した要因の一つとの見方もある。

しかし今年は希望のキャラが居ても希望の演者とは限らないのだ。

嵐の予感がビンビンにしてきました。
d0647

これは「演者が違えど、同じキャラクターならば、それは同一人物である。」と言う、ディズニーの基本スタンスを重んじる「キャラクター原理主義者」
d0662_teshita

手下は初代の演者とそれを応援していた我々によって完成されたキャラクターであるため

初代こそ至高と言う「初代至高主義者」との戦いの予感である。
d0789_teshitamatsuri

ろじねこさんはと言うと

「キャラクター原理主義派」である。

確かに初代手下には、言葉では言い表せない程の思い入れはあるが

それはこちらの勝手な思い入れである。
d0672_v_teshita

その思い入れを部屋でこっそり抱き枕を抱えながら「アッポイ様ぁぁ」と爆発させるのは結構

しかしそれを公の場で露にするのは間違っている。
d0640

ディズニーが同一人物であると言うのであれば、それはそうなのだ。

それなのに 欲望丸出し「○○は□□さんが作りあげたキャラだ!」だの、「初代以外認めない」だの、

恥を知れ!
d0772_teshitamatsuri

ディズニーの理念理解出来ない者手下を見る資格などない!
d0720_teshitamatsuri

さっさと巣に帰れ!

と、思っていた時期もありました。

しかし

今日

Twitterで初代アッポイ様横顔を見た瞬間

ろじねこさんはダメになってしまいました。

あの日 もう二度とアッポイ様の写真コレクション増える事のないと言う現実に打ちひしがれ

生ける屍と化したろじねこさんを

今日アッポイ様が救ってくれたのです。
d0694_atms_teshita

去年のハロウィン以降ハンス沼アナ沼クリスタルブルー沼ミシシッピーマイク沼と渡り歩き

ろじねこさんも幾分か大人になったと思っていたのですが

ろじねこさんはダメになってしまいました。
d0702_teshitamatsuri

ダメになった以上、もう怖いものはありません。

乙女心の器と化したろじねこさんは

今日から初代至高主義者デビューします!
d0667_v_teshita

別人がやってたら、そりゃもう別人でしょーが!!

勘違いしないで欲しい。
d0710_teshitamatsuri

二代目の方たちを嫌いと言うわけではない。

むしろ明らかにイバラとわかる道へと足を踏み入れる勇気には 最大級の賛辞を送る用意はある。
d0683_v_teshita

ただし初代以外は認めない。

ただそれだけ。

しかしディズニーもキャラクター原理主義的考えを、少し軟化させつつあるのではないでしょうか?

例えばクリスタルブルー

彼は三人の演者さんが交代で演じております。
d0921_cwj_rd

しかし三人とも同じかと言うとそうではない。
d0960_hhst

みんなそれぞれに個性のあるクリスタルブルーを演じています。
P3510404

そう言う意味でも 初代は初代のまま、二代目は初代の作り上げたイメージをおとしめぬよう 自分の個性を出せばよいだろう。

そうすれば去年とは違った 新しい手下像が生まれるかもしれない。

ただし初代以外は認めない。

ただそれだけ。