2017031609_tiw

さよならテーブルイズウェイティング

スポンサーリンク

どうしても15周年の終わりばかりに気をとられてしまいますが

ドッグサイドステージのテーブルイズウェイティングも終了します。

2017031612_tiw

以前書いたように(→テーブルが終わります)ろじねこさんはテーブルが好きですが

あまり見てはいませんでした。

2017031603_tiw

でも、最後と言うとこでここ最近はシーに行く度に横などから見ていました。

2017031605_tiw

テーブルは、高いクオリティの割には熱狂的にはまる事はありませんでした。

でも、何度も見ていくなかで、何故ろじねこさんがはまらなかったのかわかりました。

全体的に好きだけど、「ココ」と言う大好きな場所が無いのです。

2017031621_tiw

ろじねこさんが熱狂的にはまるショーには、たいてい大好きなシーンがあります。

クリスタルウィッシュジャーニーのリドで言えば、終盤に花火と共にケモノ達が踊るシーンですし
2017031625_tiw

フォリーズで言えば、みんなで花道を疾走し隊列を組んで踊るシーン
2017031623_tiw

2017031624_tiw

そのシーンのためになら何時間でも待てるくらい

しかしテーブルは、全体的には高得点だけど

2017031617_tiw

死ぬ前にもう一度あのシーンを見たい

と思えるほどのシーンは無かったのです。

2017031602_tiw

勘違いしないで頂きたいのですが、テーブル批判ではありません。

テーブルは現在のリゾート中でも屈指のショーだと思っています。

ただ、ろじねこさんにとっては そういうショーだったと言うことです。

2017031608_tiw

でもろじねこさんもテーブルには微妙な思い入れがあります。

テーブルと言うよりドッグサイドステージと言う方が正確ですが。

2017031610_tiw

以前このステージでは、セイルアウェイと言うショーが行われていました。

セイルアウェイは、SSコロンビア号の処女航海を祝うセレモニーのショーでした。

それを今のテーブルと同じく、数年間に渡り、日に何度も公演していたのです。

処女航海のセレモニーなのに!

ろじねこさんは処女航海のセレモニー生涯一度だけだと思い込んでいました

なに食わぬ顔して何度も繰り返すセイルアウェイを見て

ディズニーの底知れぬ恐ろしさを知りました。

結局テーブルは、年間でクリスマスとそれ以外の時期に数回見る程度でしたが

2017031622_tiw

とても好きなショーでした。

2017031615_tiw

まぁ心残りがあるとすれば

ダンサーさんの太ももばかりを集めた「本当はエロいテーブルイズウェイティング」と言う記事を書きそびれた事くらいです。
2017031607_tiw

と言うことで、テーブルはおしまいです。

2017031606_tiw

2017031619_tiw

2017031614_tiw

大変美味しゅうございました。

2017031611_tiw

2017031604_tiw

2017031618_tiw
2017年3月17日

2017031620_tiw

2017031616_tiw

2017031609_tiw

2017031601_tiw

テーブルイズウェイティング終了