2016123007_fc

ミニファミコン届いた

スポンサーリンク

ミニファミコンが届きました。

ミニファミコン。正確には「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」という、伝えたい思いが強すぎて長くなっちゃった系の名前です。

発表当初から気にはなっていましたが、敢え無く品切れにあい、ずっと買えずにいたのですが

偶然知人がネットで再販しているのを見つけ、注文してくれました。

さぁ開けます

2016123001_fc

これがパッケージです。

2016123002_fc

んーファミコン

そしてこれが本体です。

2016123004_fc

ちっさい!!

確かにあの頃と比べて ろじねこさんも幾分大きくなりました

それにしても小さい!!

さらに・・・

コントローラーも小さい!!!

2016123005_fc

こんな大きさで激しいゲームなんかできるのか?

と思ったら ろじねこさんにはぴったりでした。

2016123006_fc

むしろ大きくないか?

そして以外にも一番 ぐっと来たのがこれ・・・

説明書!!!!

2016123007_fc

なつかしい・・・

中には30個のゲームが入っています。

2016123008_fc

マニアックな設定として

画質をファミコン時代のアナログ画質

2016123009_fc

現在のデジタル画質が選べます

2016123010_fc

写真で比較するとちょっとわかりづらいですが・・・

久しぶりにファミコンをやってみて思ったことは「手軽」です。

ゲームやろうと思った10秒後にはもうゲームができています。

最近のゲームのように、電源を入れた後にゲーム機の起動ゲームの起動関係各社のロゴマーク重たいオープニング更新の確認、等々の長ったらしい待ち時間がありません。

あと、個人的には本体にジャイロセンサーとかを付けて

本体に急な衝撃を与えたら「プーーーーー」と止まってしまう「ショック機能」を付けてほしかったです。

そしてクラシックミニの中で、ろじねこさんが一番はまったゲームは・・・

「ソロモンの鍵」!!

2016123011_fc

楽しみなゲームは最後に残し、一番つまらなそうな「ソロモンの鍵」をやったら いきなりはまって朝の4時までやってしまいました。

ゲームはいたって簡単。

画面上の鍵を手に入れて、出口に向かう。ただそれだけ。

2016123012_fc

配置されたブロックや、などを利用してクリヤーを目指すパズルアクションゲームです。

初期ファミコン特有操作性の悪さはありますが、意外と面白いのでまだ未プレイの方は試し見てください。

そして・・・

待っていろ めーたん!!

今度はドクターマリオで 僕と勝負だ!!