2016071702_dory

辛口レビュアーろじねこさんのファインディングドリーの感想

スポンサーリンク

ファインディングドリー見てきました。
2016071701_dory

ファインディングドリーとは、人気ディズニー映画 ファインディングニモの続編です。

ファインディングニモとは、人間にさらわれたカクレクマノミの子どもニモを助ける為に

お父さんのマーリンが海の仲間の力を借りて 大冒険の末 無事再会する感動の映画
2016071704_dory

そんな「人間にさらわれたカクレクマノミの子どもを助けて海に返す映画」に感動した人たちが

人間がさらってきたカクレクマノミの子どもを買ってきて、ニモと名づけて水槽に閉じ込めて飼うという

もはやギャグでやってるとしか思えない様な社会現象を起こした名作です。

ろじねこさんもファインディングドリーには、微妙に興味があったのですが、

「これでナンヨウハギ(ドリー)が人気になり、カクレクマノミみたいになったらかわいそうだなぁ・・・・」

と、躊躇していたが

知人の「え?ドリーはニモほど かわいくないから大丈夫でしょ?」

という心無い一言に安心して見に行きました。
2016071702_dory

以降 盛大なネタバレを含む ファインディングドリーの感想です。

もうディズニー映画の辛口レビューはやめてもいいかな?と思いました。

だって確実に楽しめるレベルをクリアーしてくるので斬る必要ないかなぁと・・・

今作も子どもも大人も楽しめる良質なエンターテイメント作品に仕上がってます。

まずあらすじ

前作でマーリンと一緒にニモを探したドリー

彼女は何でもすぐに忘れてしまう魚でした。

今作ではドリーが人間にさらわれてしまいます。

しかしさらわれた先で、ずっと忘れていた自分の家族の事を断片的に思い出していき

脱出の旅は、いつしか失くした家族探しの旅になって行きます。
2016071703_dory

長い旅路の果て、ドリーが見つけた本当の家族とは ・・・。

まず良かった点は、前作最大の忘れ物 ニモ救出の功労者 ギルたちの袋問題

それに完璧な回答を示したところでしょう。

前作の忘れ物を 今作の設定見事に利用し解決してくれて 本当に感心しました。

後は、魚の映画のはずなのに なぜかカーアクションがあったところ

バカバカしくてよかったと思います。

悪かった点

特にはありませんでしたが、一部の人には某大物歌手推し(しかもまさかの人選)がきついかもしれません。

ろじねこさんも2~3度続くと、さすがに「やりすぎじゃね?」と思いましたが

後半でちゃんと落ちにつなげて来たので、まぁ問題なしです。

あとは 後半の一部にアメリカ人らしいというか 強引かつ独善的なシーンがあったのはきつかったですかね。

あの有無をも言わせぬ感じ、思わずソフィア姫が頭に浮かびました。

ま、結果的には相手もそれを望んでいたので よかったのですが。

あれはストーリーを畳むための強引な手法なのか、はたまたアメリカ人の価値観のなのか、あるいはそれに対する皮肉なのか・・・

この前見た「ズートピア」と比べ 対象年齢層が低いためか
2016060603_zootopia

露骨なテーマ性はないので 気楽に見れる良い作品でした。

ズートピアは思春期以降がターゲットで

ニモシリーズは 小学生くらいがターゲットなのでしょう。

ということで もはやお金を出すことに一切躊躇はいらない ディズニー&ピクサーの新作斬りでした。