2016112405_gsr

TDR goes on ~グランドサーキットレースウェイに乗った~

スポンサーリンク

グランドサーキット・レースウェイに乗ってきました。

2016112402_gsr

昨今のクローズブームにのって、このグランドサーキットレースウェイもクローズします。

そんなブームに乗るなよ・・・

さて、ろじねこさんのグランドサーキットレースウェイの思い出と言えば

2016112408_gsr

最初にディズニーランドに遊びに来た小学生の時

ここに並びながら、ボーッ流れるゴーカートを眺めていたら

突然肩を叩かれ、振り向いて見たら

なんと外国人がこっちを見ていました。

そしてその人の指差す方を見たら

親戚の叔父さん達がずっと先に進んでいて、手を降りながらろじねこさんのことを呼んでいました。

2016112401_gsr

慌てて走って合流したのですが

それがろじねこさんの最初の外国人との接触だったと思います。

それから随分と時間が経ち

車に興味が持てなかったろじねこさんは、ゴーカートにはほとんど乗りませんでした

2016112403_gsr

グランドサーキットレースウェイを見る度に、その事を思い出していました。

そのグランドサーキットレースウェイが無くなる事を聞いた時

ふとランド内にはいろんな思い出が有ることに気付きました。

2016112407_gsr

不思議とDオタになる以前子どもの頃の記憶の方が鮮明に残っています。

こうしてパーク内の思い出の場所一つずつ無くなって行くのだろうか…

それは悲しむべき事だが、決して批判すべき事ではないのだろう。

グランドサーキットレースウェイの跡地に出来た施設で、次の子ども達が新しい思い出を作り

2016112405_gsr

時を経てその思い出を確かめにまたそこに来る。

そんなことを繰返し、ディズニーは50年、更には100年と歴史を刻んでいくのだろう。

2016112406_gsr

ろじねこさんは知人のある言葉をきっかけに、ディズニーリゾートが誰のためのものなのかを考え始めています。

少なくとも私達Dオタのためのものでは無いだろう。

などと書いていたら、イッツ・ア・スモールワールドのリニューアルの一報が入ってきた。

ついにオリエンタルランドは聖域にもメスを入れる。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

ろじねこさんも、いずれ舞浜を去る日が来ます。

今はただその日が来た後

ブログのアクセス数だけが心配です。