2016060201_hagio_moto

萩尾望都SF原画展行って来た

スポンサーリンク

と言うことで 無事小ざさのようかんを買うことが出来たので (詳しくはコチラ)

萩尾望都SF原画展に来ました。
2016060207_hagio_moto

若い読者の方や、少女マンガを読まない方はご存知ないかもしれませんが

萩尾望都(はぎお もと)さんとは 少女マンガ界レジェンド中のレジェンド

漫画の神様が手塚治虫さんなら

少女マンガの神様は萩尾望都さんだ と言う人もいるほどです。

そんなすごい方ですが、中身はただの腐女子です。(褒め言葉)

というより腐女子のはしりのような方です。

ただ 大勢の腐女子と彼女の決定的な違いは、とんでもない天才だった事です。

言うなれば萩尾望都さんは 神に愛された腐女子なのです。

彼女らのバラ撒いた腐女子の種が 80年代から90年代にかけて花開き

現在に至る 腐女子の潮流となったとも言える。

さて入場料はおいくらかな?
2016060201_hagio_moto

100円!!!
2016060202_hagio_moto

ほとんどタダじゃん!!!

採算度外視の企画なのかな?

萩尾望都さんの原画が100円で見れるって、東京ってすごい

今回のテーマはSF

2016060203_hagio_moto

と言うことで SFに分類される作品の原画ばかりでしたが、さすがにうまいですね。
2016060206_hagio_moto

惚れ惚れするような色使いで、何時間でも見てられるほどでした。
2016060205_hagio_moto

少女マンガ黎明期から活躍されてる方ですから

当然お客さん女性がほとんどで、 マダムからマダムを突き抜けた世代まで 幅広い世代の方がいらしてました。

ちょっと笑ったのは、順番に見ていたら いきなり∀ガンダムのイラストが出てきた事です。

小説版のイラストを描いていたんですね。

イケメン過ぎるローラ・ローラは見物です

見たことない作品もたくさんあり また萩尾望都さんの作品を読みたくなりました。

話は変わるが、昨今 マンガやアニメの実写化が盛んだが

どうだろう?萩尾望都先生の「ポーの一族」を実写化してみては?

テレビドラマなんてせこいこと言わず

ハリウッドで 大金かけて超大作にして!

主演は トム・ク・・・

いや これ以上は言うまい・・・


スポンサーリンク