2017035318_fe2015

春が来て、ファッショナブルイースターは甦る

スポンサーリンク

やつが帰ってきます。

ろじねこさんの宿敵であり

かつ、恩人でもある

「ファッショナブル・イースター」が帰ってきます。

2017035308_fe2015

ファッショナブルイースターとは、2年前シー初のイースターイベントのメインショーとして上演されたイースターのハーバーショーだ。

2017035306_fe2015

2017035302_fe2015

2017035301_fe2015

手下以前からろじねこ生活をご覧の方には不要でしょうが

最近はろじねこ生活を見始めた方のために

何故ファッショナブルイースターがろじねこさんの宿敵であり、恩人でもあるのかを簡単にご説明します。

しかしそれは、大勢いるファッショナブルイースターファン敵にまわす事になると思いますが

Dオタに媚びを売るくらいなら、舌を噛んで死ねをモットーとしている以上

ろじねこさんの数少ないファンを減らすことになっても言います。

ろじねこさんは、このファッショナブルイースターが大嫌いでした。

2017035314_fe2015

シーのハーバーショーの初見で、初めて(そして唯一)「早く終わらないかなぁ」と思ってしまったショーです。

はっきり言って、彼らが何をしているのかさっぱり分かりませんでした。

2017035303_fe2015

唯一わかったのは、「踊ってるなぁ」位です。
2017035307_fe2015

そして「腐女子(広義)」と呼ばれる人達には受けそうだなぁと思いました。

そして迷いました。

これをブログでどう書くか。

2017035316_fe2015

これまでも所々ショーやディズニーに対する批判は書いていましたが

ショー全体の否定はしていませんでした。

なので思ったことをはっきり書くか

敵を作らぬように無難に書くか。

散々迷ったあげく「見る価値はない」とはっきり書きました。

詳しくはコチラ→辛口レビュアーによる ファッショナブルイースター スニーク斬り

その結果、案の定ファッショナブルイースターファンから「死ね」と言われました。
2017035310_fe2015

それ以降、ろじねこさんは終始一貫して反ファッショナブルイースターの姿勢を取り続けています。

しかし、ファッショナブルイースターある意味恩人でもあると思っております。

ファッショナブルイースターの記事をきっかけ

例えDオタを敵に回しても、書きたい事は書くと言うスタイルで行く決意をしました。

2017035305_fe2015

なので今のろじねこ生活のスタイルがあるのは、ファッショナブルイースターのお陰でもあるのです。

そしてそのファッショナブルイースターが帰ってくるのです。

2017035317_fe2015

よし!今回もボロクソに書いて、ファッショナブルイースターファンの神経でも逆撫でするか・・・

と思う反面、実は不安もあります。

2017035313_fe2015

「ひょっとしたら、ファッショナブルイースターを楽しめる体になってしまっているかもしれない」と言う不安です。

2017035309_fe2015

なぜならこの2年の間

ろじねこさんは手下沼を経験してしまったからです。

2017035321_fe2015

手下沼、そしてクリスタルブルー沼を経験したろじねこさんは

2017035322_fe2015

確実に腐女子の階段を昇っている気がするのです。

なので、2年前には理解できなかったファッショナブルイースター理解できる体になってしまっているのではないか?

もしファッショナブルイースターを好きになったらどうしよう。

2017035319_fe2015

その場合、2年前にボロクソに叩いた自分とどう向き合えばいいのか?

2017035315_fe2015

2017年4月4日

ろじねこさんと決着を着けるべくファッショナブルイースター地獄の底から舞い戻ってきます。

2017035312_fe2015

果たして勝つのはろじねこさんか?
2017035320_fe2015

それとも「宿敵」ファッショナブルイースターか?
2017035318_fe2015

この決着、しかと見届けよ!